目黒区で注文住宅を購入するのにおすすめの業者をご紹介!厳選した建築設計事務所・工務店の情報を比較して掲載しています。

暮らしやすさは収納で決まる!注文住宅の間取り別収納例をご紹介

注文住宅で部屋の配置=間取りと共に収納を考えることで、動線に沿った機能的な収納が実現し、グンと暮らしやすくなるのです。本コラムでは「暮らしやすさは収納で決まる! 注文住宅の間取り別収納例」と題して、生活同線上、理想的な収納スペースの設け方をご紹介しましょう。

リビング・ダイニング・キッチンの収納

最初に、注文住宅の間取り的に「ひと続き」になっていることの多いリビング・ダイニング・キッチンの収納例からご紹介しましょう。

■リビング

床や壁面などと溶け込む・なじみの良い建材を採用して、つくり付けの壁面収納を設置します。日用の小物から掃除機まで、生活感のあるものをすべて収納することで、いまどきのモデルハウス風リビングの完成です。

また、リビングの上にロフトを設けることで大型収納が確保できます。荷物を抱えて上り下りする便宜や安全を考えて、はしご段でなく、階段を設置しましょう。

■ダイニング

ダイニングの側にはマグカップ程度が収納できる棚をつくりつけると便利です。(本格的な食器棚はキッチンにあったほうが良いでしょう)。

■キッチン

扉開きの吊り棚以外は引き出し収納にすると、収納量が上がります。また、キッチンカウンター横にレシピ本を収納できるマガジンラックを設けると便利です。

そして、間取り的にキッチン背面、もしくは横に大き目の食品収納庫=パントリーを設置するとキッチン全体がスッキリと片付きます。パントリーに設ける棚を浅めにすることで、ストック品の量や種類がひと目でわかり、しまい忘れが防げるでしょう。

パントリーのスペースが確保できない場合には、床下収納をつくるのも一案。とにかく、キッチンカウンターに物が山積みになるなど、雑然とさせずに清潔感を保つことが大切です。

洗面・脱衣所、ベッドルームの収納

次に布や衣類に関係の深いスペースの収納についてご紹介しましょう。

■洗面・脱衣所

洗面・脱衣所にはタオルやリネン類の収納場所を設けることはもちろんですが、入浴後の動線を考えると、パジャマも収納できるようにすると便利でしょう。男性の家族用下着も本人がイヤでなければ、ここで良いと思われます。

帰宅後、うがい・手洗いのために直行する場所なので、部屋着も収納すると便利でしょうけど、その後、各個室にかばんなどを置きに行くことを考えれば、部屋着までは収納しなくて良いかもしれません。

■ベッドルーム

近年はベッドルームの隣にウォークインクローゼットを設けることがあたり前になりつつあります。間取り的にそれなりのスペースを割かなければなりませんが、衣類が一挙に収納できて、タンスなどの収納家具が一切不要になるメリットは大きいでしょう。

ウォークインクローゼットにはハンガーにかける衣類をおもに収納し、たたんで収納する衣類のために、ベッドルームの壁面いっぱいに腰高の引き出し収納をつくり付けるのがおすすめです。上をカウンターに利用することでテレビや植物、置物・ぬいぐるみなどを置くことができます。

玄関収納で毎日の暮らしが一段と便利に

洗面・脱衣所、ベッドルームの収納例をご紹介しました。最後に玄関収納をご紹介しますが、玄関の収納を工夫することで生活同線がスムーズ化・日々の暮らしが格段に便利になります。

■玄関横のシューズクローク

名前はシューズクロークですが、靴だけでなく傘(傘立て)、コート・レインコート、バッグ・かばん類もまとめて収納できるようにすると、朝の動線がスムーズになります。また、間取り的に入り口であるため、コートやバッグ・かばんに屋外で付着した花粉や病原菌を屋内にまき散らさなくて済むというメリットも見逃せません。

靴・バッグ(かばん)・コートのコーディネートもしやすいです。さらに壁面に姿見もあると便利でしょう。

■土間収納タイプのウォークインクローゼット

土間収納の小部屋的なウォークインクローゼットがあればさらに便利です。ウォークインクローゼット内にシューズクロークを設けるものおすすめ。

<玄関の土間収納に入れると便利なもの>

自転車・三輪車・キックボード・スケートボードなどの乗り物、ベビーカー・ショッピングキャリー・カートなど車輪の付いたもの、ゴルフバッグ・サッカーボールや野球のグローブなどのスポーツ用品、庭で使う園芸用具・玄関や庭の掃除用具・工具など。

まとめ

注文住宅の間取り別収納例をご紹介しました。既述の内容を見ていただくことで「暮らしやすさは収納で決まる! 」ことがご理解いただけたかと思います。

本文では触れませんでしたが、キャンプ用品やスキー用品などの大物を収納する必要のある家庭では、間取りを考える段階で、ガレージ収納や屋根裏収納のような、専用の大型収納をつくるように考えることも忘れてはいけません。階段下などの隙間も収納に活用できないか工夫することも大切です。

いずれにせよ、間取りを考えるときには合わせて各部屋・各スペースにおける収納スペースについて考えることが生活同線に沿った快適な生活を実現するポイントと言って良いでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧