目黒区で注文住宅を購入するのにおすすめの業者をご紹介!厳選した建築設計事務所・工務店の情報を比較して掲載しています。

都心で注文住宅を建てる際の注意点

公開日:2020/02/06  最終更新日:2020/02/12

目黒区をはじめ、東京23区内にマイホームを持ちたいとう方は少なくありません。しかし都心に注文住宅を建てる場合は、郊外に建てる場合とは違った、都心ならではの注意点があります。

土地の広さ

東京23区内に一戸建てを建てたいという人は多いですが、都心はどこも土地が余っていない状態です。代々受け継いでいる土地がある方は別ですが、新しく購入する予定の方は、土地探しに苦労することは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

また、土地が見つかったとしても、20坪程度かそれ以下の土地が多いというのも事実です。そのような土地では、せっかく一戸建てを建てても狭小住宅となってしまいます。施工会社と相談し、その程度の狭い土地でも理想の家作りが可能なのかどうか、よく検討する必要があります。

近隣との距離

土地が余っていない都心では、見つかったとしても近隣との距離が近い場合が多々あります。距離が近いとその分トラブルに発展する可能性も高くなりますよね。特に多いのは騒音に関するトラブルです。自分の家からの騒音が漏れないようにする・隣の家からの騒音を遮断するという両方の意味で、防音対策は重要になります。

せっかく理想通りのマイホームを建てても、近隣トラブルが原因で引っ越しを余儀なくされるようでは、時間もお金も無駄になってしまいます。何より、精神的につらいですよね。土地を購入する前に、ご近所にはどんな人が住んでいるのか、可能な限りリサーチすることをおすすめします

建築コスト

ご存じの通り、都心の土地は坪単価が非常に高額です。狭小地であっても、土地だけでかなり高額な費用が必要になります。さらに、高さや防火上の制限などが発生することで、コストが割高になってしまう可能性もあります。

また狭小住宅では、居住空間を確保するために地下室を作ることがありますが、そのために通常使用しないような重機を使用するなど、建築コストがかさむ要因となります。通路が狭くて足場が組めないような土地では必然的に作業が長引くことになりますから、人件費もかさんでしまいます。

このようなさまざまな要因や法律上の制限により、理想をすべて叶えようとすると予算オーバーになってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

土地がない都心で注文住宅を建てる場合、狭小住宅になる可能性が高いでしょう。狭小住宅というとネガティブな印象があるかもしれませんが、200㎡以下の土地は税金も安く済みますし、限られたスペースを活かす間取りやデザインのアイデアは、それだけでもおしゃれな印象があります。

狭い土地や厳しい条件の中で、理想通りの家を予算内で建てるためには、東京都心という土地柄を熟知しており、狭小住宅の建築実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう

【目黒区】注文住宅におすすめの業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アーキブラストHOPEsOne’s Life Home伊庭工務店ブリス
特徴狭小住宅に特化した建築設計事務所重量木骨の家」を建てることを許された数少ない工務店フルオーダー専門の工務店1967年創業の老舗狭小住宅専門の建築会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧