目黒区で注文住宅を購入するのにおすすめの業者をご紹介!厳選した建築設計事務所・工務店の情報を比較して掲載しています。

建築設計事務所と工務店、ハウスメーカーの違いって?

公開日:2020/02/06  

注文住宅を建てるにあたってまずやらなければならないのが、業者選びです。建築設計事務所や工務店、ハウスメーカーなどさまざまな業者がありますが、その違いについていまいちよく分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、それぞれの違いやメリット・デメリット、選び方のポイントなどについて紹介します。

建築設計事務所

建築設計事務所は、3者の中で最もデザイン性や自由度が高いと言えます。誰かと同じではない、オンリーワンの家を手に入れたいならば建築設計事務所を選びましょう。建築設計事務所はコストが高いというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、予算内でクライアントの思いを形にするのが得意であるという点も、建築設計事務所のメリットのひとつ。狭小地や変形地であっても、その土地を最大限に活かした魅力的な家づくりが可能です。

最大のデメリットは工期がかかるという点。ゼロの状態から何度も打ち合わせを重ね、自分たちの理想を建築士が具体的な形にしていくという作業なので、最低でも1年程度はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

工務店

3者の中で最もコストを抑えられるのが工務店です。地域密着型のところが多く、何かあればいつでも駆けつけてくれるなど、アフターサービスという面でも安心感が持てるのは工務店の強みと言えます。

ただし、デザイン面ではどうしても他の2者に劣るのが工務店のデメリット。予算内でもオリジナルな設計ができる建築設計事務所や、豊富な実績があり提案力のあるハウスメーカーと比べ、工務店では予算を下げれば下げるほどデザイン性も落ちてしまいます。また、全国どこでも同じ品質が保証されているハウスメーカーとは違い、品質は職人さんの腕次第になってしまうため、工務店ごとにばらつきがあることも否めません。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの一番のメリットは、工期が短いという点です。というのも、自社工場で資材を加工し、ある程度組み立てた状態で現場まで運んでいるから。職人さんの腕次第で品質が変わる可能性のある工務店とは違い、機械によって規格通りに加工されるので、品質が一定であるというのもハウスメーカーの魅力のひとつです。

その分、間取りやデザインなどがある程度決まっており、融通が利きづらいことがデメリットです。また、ハウスメーカーはCMなどの広告費や住宅展示場の維持費などがかかっているため、コストもそれなりにかかります。ただし会社としての安定感や信頼感もあり、定期点検などのアフターサービスもしっかり保証されています。

まとめ

建築設計事務所、工務店、ハウスメーカーの違いについてはお分かりいただけたでしょうか。それぞれにメリット・デメリットがありますので一概には言えませんが、せっかく一生に一度のマイホームを建てるのであれば、デザイン性に優れ、自分たちの理想を最大限形にしてくれる建築設計事務所がおすすめです。

もちろん、よりコストを抑えたいならば工務店、なるべく工期を短くしたいならばハウスメーカーという選択もありでしょう。注文住宅を建てるにあたって何を重視したいのかをじっくり考え、自分たちのニーズに合わせた業者を選ぶようにしましょう。

【目黒区】注文住宅におすすめの業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アーキブラストHOPEsOne’s Life Home伊庭工務店ブリス
特徴①狭小地に特化!できないことがない建築設計事務所「重量木骨の家」を建てられる数少ない工務店自社施工体制による、フルオーダーの注文住宅目黒区を中心とした地域密着の老舗工務店幅広い住宅ラインナップを展開する狭小住宅専門工務店
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧